大曲農業高等学校 太田分校歌
 
      碧空の歌
     

  
藤原  茂 作詞   石井 五郎 作曲

  

    仰ぐやまなみ朝雲の たなびくところ広き野に
    花咲きみちて希望湧く ああ黎明の碧空高し


  

    風は大地によろこびの さわやかにわたる草笛に
    水澄みあふれみどり吹く ああ雄壮の碧空高し


  

    めぐみゆたかに青春の 親しき友と師の愛に
    智徳のこころかぐわしく ああ真実の碧空高し


  
  

    理想つらぬく学園に あらたな生活ひかりある
    郷土の文化拓きゆく ああ永遠碧空高し
校 訓

質実剛健
(しつじつごうけん)
「性質や内容が飾りけがなく、まじめで、力強くくっかりしていること。」
大農生は外見や格好の良さのみに捕らわれず、「中身の純粋さ、素直さ、たくましさで勝負せよ。」と教えている。

実践躬行(じっせんきゅうこう)
「自分で実際に身を以て実行すること。」
人はとかく理屈をならべたがるが、実践の基本形態は、生産活動であるから、大農生にとっては、「行動の原理」にあたる言葉である。

人格陶冶(じんかくとうや)
人が道徳的に成長するためには、多くのつらさや厳しさの関門を通って、はじめて立派になる。つまり陶(焼き物)や冶(鋳物)が厳しい火の試練を経て、はじめて立派な製品として完成されるように、大農生もまた「厳しさに負けず立派な人間になれ」と教えている。

勤労愛農(きんろうあいのう) 
「農業を愛し、農業のために働くことを誇りとし、一生懸命に勤め励むこと。」
大農生はもとより、農業にたずさわるものの基本姿勢を示すことばであろう。
TOP
再生ボタンをクリックすると校歌が流れます
 大曲農業高等学校校歌



    
高橋源太郎 作詞    近藤時太郎 作曲


  旻天高く聳え立つ   見よ鳥海の金字形
  貢河の流れ長へに   見よ洋々と流れ行く
  そこに無限の暗示あり ここに栄ある吾等あり


  自然の育む揺籃に   生立つ吾等健男児
  崇高偉大の心もて   自彊息まざる意気をもて
  瑞穂の国の使命をば  果さでやまん事やある


  人生風波狂うとも   荒怠常に戒めて
  真摯素朴を旨として  奮闘努力たゆみなく
  至誠天地を動かさば  などならざらん事やある


  正義は吾等の命なり  不撓は吾等の力なり
  吾等の力尽きんとき  吾等の命絶えんとき
  世は常暗となりぬべし 奮え我校健男児
(参考)この校訓は、第11代小林直材(なおき)校長が、熊本農学校から赴任して1ヶ月後の、昭和8年1月21日、3学期の始業式で下記「4綱領」を指針として生徒に提示したものである。
(解説)元教諭 鈴木 宏正氏